薄毛

毛乳頭にまで届かせてしっかり育毛

皆さんは毛乳頭という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
養毛や育毛に関心のある方であれば知っている人も多いと思います。

毛乳頭は頭皮にある毛細血管から栄養を受けとることにより、
それを用いて毛母細胞に栄養を与える役割を果たしている器官です。
また、毛母細胞に信号を与えることにより、細胞分裂を調節する役割も持っています。
髪を生やすためのコントロールをしている器官であると言えます。

以上のように、育毛や発毛に関して、様々な役割を果たしているのが毛乳頭です。
毛乳頭があるおかげで、育毛剤が効果を発揮して、毛乳頭に働きかけることにより発毛を促すのです。
毛乳頭を刺激するというキャッチフレーズが使われることが多いです。
しかし、毛乳頭に有効な成分を浸透させるのはなかなか難しいことです。

育毛剤を開発している各メーカーは、それぞれ独自のアプローチによってこの問題を解決しようとしています。
最も広く一般的に使用されている方法は、育毛剤の成分の粒を小さくすることです。
成分が小さくなれば、それだけ毛穴などにひっかかることなく、
毛乳頭まで育毛剤の成分を浸透させることを可能にするのです。

小さくすると簡単に言いますが、果たしてどれくらいの小ささなのでしょうか。
その大きさはナノサイズまで小さくします。
1ナノメートルは100万分の1ミリメートルのことです。
これを実際に可能にするためのは非常に困難なことです。

そのため、育毛剤のメーカーは多額の費用と時間をかけて、日夜研究を行うことによって、
この技術を開発させることに成功したのです。
育毛成分を小さくすれば毛乳頭届く可能性が増しますが、まだ重要なことがあります。

それは、毛穴を広げることです。
毛穴に皮脂や汚れが溜まっていると、毛穴の中に育毛剤を浸透させることができなくなるので、
育毛剤が効果を発揮できません。
そこで、育毛剤の効果をしっかりと発揮させるためには、
きちんと毛穴の汚れを取り除いておくことが大切なのです。
こちらの育毛剤比較サイトにも育毛剤について知っておきたい情報が様々掲載されています。

Menu