薄毛

壮年性脱毛症って一体何?

薄毛や脱毛に悩まされるのは年を取った後だと考えている人は多いのではないでしょうか。
しかし、最近は若者であっても、壮年性脱毛症に苦しんでいる方が多くなっています。

薄毛や抜け毛などの悩みは、加齢に伴って生じてくるものであり、若い人であれば、
普通にしていれば髪の毛の心配をしなくてもよいと考えられていました。
けれども、実際には若ハゲに苦しんでいる方は大勢いらっしゃいます。

壮年性脱毛症というのは、このような、若くして薄毛などを気にしている人がかかっていることが多い症状です。
若い頃から壮年期にかけて薄毛や脱毛がどんどん進んでいくことをいいます。

この症状は遺伝や男性ホルモンの影響によって引き起こされる、男性型脱毛症として有名になりました。
また、壮年性脱毛症はこれまでは男性にのみ現れる症状であると考えられてきましたが、
女性にも起こる可能性があることが分かってきました。

その原因は、女性の中にも少なからず存在している男性ホルモンが影響していて、
これにより毛髪の発育が抑えられることが分かっています。
よって、男性であれ女性であれ、この症状に注意する必要が生じています。

女性の場合は壮年性脱毛症の症状は、髪の毛が全体的に徐々に薄くなっていきます。
一方で、男性の場合は、脱毛のパターンは人それぞれ異なっていることが多いです。
女性のように全体的に薄くなってしまうパターンや、頭頂部から円形に薄毛が広がっていくパターン、
M字に薄毛となってしまうパターンなどがあります。

壮年性脱毛症を改善するためには、その原因をきちんと把握して、適切な処置を施す必要があります。
壮年性脱毛症では、毛の周期が乱れることによって、
毛がきちんと生え揃わなくなり、薄毛の症状がでてきてしまいます。

これを改善するためには、育毛剤を使って、頭皮の状態を正常に保つ必要があります。
また、頭皮に汚れなどを溜めないようにきちんと洗ってあげる必要もあります。

Menu