薄毛

原因は毛穴の汚れと頭皮の老化

薄毛や脱毛などで悩んでいる方はかなりいます。
特に最近は若い男性が苦しんでいるケースや、女性でもこれらの症状に悩まされていることがあります。
最近までは、薄毛や脱毛は男性ホルモンが影響したり、
ストレスによりかかってしまうというイメージがありました。
こちらには育毛剤と発毛剤の違いについて掲載されているので参考がてらご覧ください。


しかし、現在では様々な理由があげられるようになりました。
薄毛や脱毛になってしまう理由の一つに、皮脂の汚れによる頭皮環境の悪化と老化があります。
頭皮の環境が悪くなってしまうと、薄毛や脱毛になってしまうことは有名になってきました。

そして、頭皮の環境を悪くさせる原因の一つに皮脂の汚れというのがあるのです。
頭皮の環境を改善させるためには、毛穴や頭皮の皮脂を取り除く必要があります。
その際に、強力なシャンプーなどを使用する人がいますが、これは逆効果になってしまうことがあります。
それはどういうことかというと、皮脂は過剰に分泌されている状態だと頭皮の環境を悪化させてしまいます。

しかし、皮脂とは本来は頭皮を守るために存在しているので、多少は之っこしておく必要があるのです。
もしも、強力なシャンプーを用いて頭皮にある皮脂をすべて取り除いてしまうと、
頭皮を守るものが無くなってしまいます。 こちらにはおすすめの育毛剤について詳しく掲載されています。是非ご覧ください。


その結果頭皮にある組織が老化したり破壊されやすくなります。
また、皮脂が無くなると、それに反応して過剰に皮脂が作られやすくなります。
これを取り除くためにまた強力なシャンプーを使ってしまうと悪循環に陥ります。
よって、皮脂は適度の取り除くことが大切なのです。

もし、皮脂を取り除いているのに、薄毛や脱毛が解消されないと悩んでいる方がいましたら、
シャンプーを変えてみることをオススメします。
皮脂が過剰にたまってしまうことは、皮脂が毛穴などに蓄積されやすくなり、頭皮の環境を悪くするだけです。

しかし、皮脂を多少は残しておくことが大切であるということは、しっかりと覚えておいてください。
そして、シャンプーなどは強力な物はあまり使わない方がよいことを覚えておいてください。
こちらには育毛剤の効果的な使用方法等について詳しく掲載されています。是非お読みください。

Menu